大原ファミリークリニック
内 科 小児科 外 科 胃腸科 肛門科   健康診断 人間ドック 予防接種
  〒272-0837 千葉県市川市堀之内3-19-30-103 📞 047 - 300 - 7711 fax 047-300-7712

HOME > Study > Helicobacter pylori
ピロリ菌について

 
● ピロリ菌の感染 
 ピロリ菌は小児期に親・兄弟・遊び仲間などから唾液を介して感染すると言われています。ピロリ菌が胃内に侵入すると急性胃炎を発症し、多くの場合ピロリ菌は死滅せずに生き残り、慢性活動性胃炎に移行します。ピロリ菌の感染率は近年急速に低下しており、最近の若年者のピロリ菌感染率は5%程度と報告されています。
 
● ピロリ菌が誘発する疾患
 ピロリ菌が持続的に感染すると例外なく胃炎を発症しますが、胃癌・胃潰瘍・十二指腸潰瘍・貧血・機能性胃腸症なども併発することがあります。ピロリ菌と胃癌の関連は明らかですが、ピロリ菌自体が胃癌を発生させるのではなく、ピロリ菌感染による慢性活動性胃炎が何らかの原因で発生した胃癌の進行を促進させると考えられています。